マイクロ水力発電

ローコスト&ハイパワー!小水量にもフィット。災害時の緊急電力にも対応。

CO2排出=ゼロで24時間稼働の安心性能。環境をそのままで電気を生み出す・・・ 今、新しい水力発電の形が始まりました。

マイクロ水力発電ってなに?

マイクロ水力発電とは、環境へのダメージが少ない小規模な水力発電システムのことです。自然エネルギーを利用して電力を得ることができ、大きな注目を集めています。
身近にある沢や堰(せき)、農業用水路などから取水し、装置までの高低差を利用して発電します。設置は落差(高低差)があり、24時間比較的安定した水量が取れる場所が適しています。
(株)日本マイクロシステムの開発した、新しい「マイクロ水力発電装置」は、さらに開発を進め、その用途を広げることに成功しました。
流水量のない池や人工の溜池でも、強化ホースを使いサイホン取水方式により発電出来ます。
現在、最もコストが低価格の発電装置です(2012年1月弊社調査による)また、災害時の緊急発電装置として使用可能で、多くのお問い合わせを頂いています。

どんなメリットがあるの?

クリーンエネルギーです・・・石油・石炭・天然ガスなどを使用しないため、地球温暖化の原因となるCO2を排出しません。
純国産のエネルギーです・・・純国産のエネルギーである、水を利用しています。原材料費、運賃などのコストがかかりません。
再生可能エネルギーです・・・水は再生可能なクリーンなエネルギーです。自然のサイクルで繰り返し使用出来ます。
発電量が安定しています・・・マイクロ水力発電は24時間ほぼ一定の発電量で、常に安定しています。(太陽光や風力発電は自然条件で変化します)
長年の実績と高い信頼性・・・水力発電は、日本では100年以上の実績があり、現在でも重要な信頼性の高いエネルギーです。
小規模でも設置出来ます・・・ダムなどの大規模建設工事を必要とせず、水量も少ないことから、小規模な設備にすることが可能です。
災害時の緊急発電機として・・・発電機・制御盤・ホースのセットを移動して、いつでも緊急発電装置として使用出来ます。

※マイクロ水力発電の電力供給際に適しているのは、照明、湯沸器、冷暖房機器、トイレ、散水ポンプ等、24時間一定した電力を消費する用途が理想的です。

いろいろな実績をご紹介します

(株)日本マイクロシステムのマイクロ水力発電は、各地で活躍しています。

仕様

水車

構造クロスフロー型
ブレード30枚
外形寸法φ280 x 150mm
材質ステンレス

発電機

型式JMS-HG100(1kW) JMS-HG200(2kW)
構造永久磁石式
最大出力2kW
外形寸法φ350×117mm

制御盤

出力AC100V/15A
計器類直流電圧計、直流電流計AC100V電流計、電力計ヒーター温度計
サイズW600 x H600 x D300 ※付属品含まず
重量50kg ※付属品含まず
材質ステンレス鋼

価格

2KW水車発電機1台と発電制御盤1面のセットで300万円~となります。
(配管/配線/設置等の付帯設備、及び各種手続き等は含みません。)
詳細が決まれば、お見積致します。

お問い合わせ

本機についてのお問い合わせは本社にて受け付けております。
電話でのお問い合わせ:(0859)27-1887
Eメールでのお問い合わせ:j-micro@jpms.co.jp

また、質問等ございましたら以下のフォームにてお問い合わせ下さい。

貴社名

部署名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容